【Destiny2】「暗号解読器」のおすすめ入手方法!

10月 12, 2020destiny2(デスティニー2)PS4

今回は死者の祭り2020にて、憑りつかれし森の宝箱を解錠する際に必要な「暗号解読器」の最も入手効率の良い方法を調べていきます。

死者の祭り2020の内容は下記。

暗号解読器とは

暗号解読器は死者の祭り2020に使用する消費アイテムです。

太陽系のアクティビティである、ストライク、クルーシブル、ギャンビット、公開イベント、アドベンチャー、パトロール等で手に入ります。
その他、炉やナイトメア狩り、迷宮やレイドでもドロップを確認しています。

暗号解読器の入手はランダムとなっており、開発者コメントではアンブラルエングラムのドロップ率と同等と言われています。
ただしドロップ時は確定で2個入る(本記事投稿時点)ようになっています。

使用用途は、憑りつかれし森のアクティビティ終了時に宝箱が5つ置いてあるため、それらを解錠するのに消費します。

最大所持数は25個までとなっており、勝利の道のり内のシーズンイベント欄にある「死者の祭り」をクリアするためには45個の暗号解読器が必要になります。

Destiny2の憑りつかれし森の宝箱の画像
画像奥に並べられている宝箱5個を開ける際に、暗号解読器が必要になる

筆者おすすめの暗号解読器の入手方法は2つ

ナイトメア狩り「熟練」

パワー860基準かつ、チャンピオン系の敵が出てこないモードのナイトメアです。
既にパワー値が1000を超えている場合は、3人パーティーでボスまで一気に突き進むことで、最短で5分ほどでクリアすることができます。
マッチングするコンテンツとなっているため、迷惑がかからないよう、可能であれば知り合いや同じ目的を持った人で集まってやるようにしましょう。

筆者が10回試したところ、ドロップしたのは1回のみでした。

  • 場所
    ナイトメア狩り「矜持」(スコラス)熟練
  • 所要時間
    1時間
  • 落ちた回数
    1/10(個数にして2個)
  • 1時間あたりの個数
    2個

他の方の情報では3回に1回はドロップする人もいるそうで、筆者の運がなかったのか…試行回数が少ないため正しい調査はできていないです。
また、難易度を変更して達人も複数回やりましたが、ドロップ率に変化はありませんでした。

各惑星のパトロール

どこでもできるかつ、手軽に開始することができます。
できれば3人パーティーを組むことで最速クリアはできますが、1人でも難なくクリアできることが利点です。
また、最近Destiny2を始めたての方でも、パワー値を特に気にすることなく、現在のレベルに適した惑星で集めることが可能です。(憑りつかれし森自体が推奨パワー750のため、どちらにせよ750近くまで上げる必要はあります)

筆者達は2人パーティーで計100回パトロールを行った結果、下記のような結果になりました。
※途中で暗号解読器の最大所持制限になり、タイマーを止めています。

  • 場所
    地球(ヨーロッパ・デッドゾーン)
  • 所要時間
    3時間10分
  • 落ちた回数
    23/100(個数にして46個)と17/100(個数にして34個)
  • 1時間あたりの個数
    約7個と約5個

1回のパトロールに対して約2分ほどで回した結果になりましたが、移動の多いパトロールに偏りすぎるとより時間がかかると思います。
長いパトロールでは移動も込みで3分ほどかかってしまうので注意です。

Destiny2の暗号解読器の入手の瞬間の画像
調査ミッションは長距離の移動を強いられるが簡単に終わります

暗号解読器の収集を数時間検証した感想

ナイトメア狩りを周回したり、パトロールを3時間近くやったりしていると苦行になります。
開催期間が1ヶ月もあることから、気長に各アクティビティをやりつつ、気付いたら所持制限の25個になっていたというのが一番良いです。

死者の祭り2020の勝利の道のりをクリア後は次DLCの「光の超越」まで何もしない方へ向けて書くと、パトロールを約3時間やれば道のりに必要な暗号解読器は集まると思います。
また、限定武器のホラーストーリーやブレイ・ウェアウルフを厳選したい方は、上記のオススメ入手方法の所要時間を目安にしていただければ幸いです。