【Destiny2】タイタンのステイシス詳細情報<ベヒーモス>が公開!

destiny2(デスティニー2)PS4

Destiny2のタイタンのステイシスクラス、ベヒーモスの説明画像

Destiny2の「光の超越」にて追加される新属性「ステイシス」ですが、タイタンの新サブクラス「ベヒーモス」の詳細情報がBungie netより公開されました。

ステイシスの事をよく分かっていない方のために、簡単なおさらいと、ベヒーモスの情報をまとめていきます。

ステイシスとは

「ステイシス」はアークやソーラー、ボイドのような、Destiny当初から存在する属性に新たに追加される属性です。あからさまな攻撃というよりかは、敵を凍結・遅延させたり、結晶性のステイシス構造を形成したりと、戦闘員と空間の支配を主に行います。

ベヒーモス

Destiny2のタイタンのステイシスクラス、ベヒーモスの画像

タイタンのステイシスクラスですが、「粉砕」と「創造」をコンセプトとしたスキルになるようです。
元より、ハンターやウォーロックと比べて脳筋のイメージが強いタイタンですが、より強調したイメージになりそうです。

ベヒーモス

ステイシスを使って結晶を生み出すことができる点が特徴です。結晶によって足元の地面を変化させ、戦闘の形を変えることができます。戦場そのものを支配することで、戦いを制するのです。結果として、ベヒーモスは、クリスタルの壁を築いて敵を阻み銃弾を防いだり、クリスタルで敵を凍らせたりと、ステイシススキルを防御と攻撃の両面で発揮することができます。

Bungie.netより

PVでも見かけましたが、クリスタルの壁を生成し死角を作ったり、クリスタルで敵の攻撃を防いだりと、RPGでいうタンク役のイメージです。

近接攻撃「氷結の一撃」

Bungie.netでは、「足元にクリスタルを作成し、爆発の影響を使って攻撃する」と説明がありますが、純粋に近接スキルとして使用できそうです。
これまでのショルダーチャージ系スキルよりも、射程距離が長いように見え、PVE,PVP共に利用価値がありそうなスキルです。
補助効果として、敵を後方に吹き飛ばし、周囲の敵の動きを鈍くするそうです。
※強い…

スーパースキル「氷河の揺れ」

最初に、両腕にクリスタルを纏い、地面に叩きつけたり、敵に突撃したりすることで効果を発揮します。
クリスタルを当てた敵は、凍結状態になるようです。

以前の記事では使い切り系のスーパーチャージかもと書きましたが、PVを見ると効果の制限時間中であれば何度も使用することが出来そうです。

また、スーパーチャージ中は、移動速度やジャンプ高度、耐久性が向上すると記載があります。
純粋な使い勝手や性能ともに、非常に良さそうなスーパーチャージだと思います。
アークサブクラスの「ハポックフィスト」の出番がなくなってくるような…

氷河の揺れ

そこに巧妙な動きを加えることも可能です。例えば、スライディングをキャンセルすると、ステイシスを利用した大跳躍に切り替わります。さらに、適切なタイミングでその跳躍をキャンセルすれば、ベヒーモスは急降下して壊滅的なスラム攻撃を繰り出すことができます。つまり、タイタンの皆さん、パンチも大いに結構ですが、ステイシスにはあらゆる可能性が秘められていることも忘れないでください。 

Bungi.netより

また、スライディングキャンセルによる大跳躍や、跳躍キャンセルによるスラム攻撃(叩きつけ攻撃)もできるようです。PVEではアグレッシブに動けそうです。

ベヒーモスのカスタマイズ画面

Destiny2のタイタンのステイシスクラス、ベヒーモスのステータス画像1種類目
Destiny2のタイタンのステイシスクラス、ベヒーモスのステータス画像2種類目

固有のアイテムをステイシスクラスのスロットにはめこむことで、能力に「特性」を持たせる事ができます。
また、その「特性」を付与するアイテムには「かけら」をはめこむスロットが付いており、さらに「かけら」を組み込むことで、カスタマイズの幅が広がるようです。
ステイシス特性は3つほど、特性にはめこむかけらはそれぞれ13個のスロットがあるのが画像で確認できます。

画像から見ると、ベヒーモスのスキルは「生成したクリスタルを破壊時、ステイシスの破片を生成し、それらを拾うと近接エネルギーが回復する」という特性と、「遅延効果の延長」というかけらスキルがあることがわかります。

以上です!
数日後にはハンターの情報もでるそうなので、あわせて記事にしていきます。

過去のステイシス記事はこちら