【Destiny2】今週のシュール(2020/9/19)はイオ

9月 19, 2020destiny2(デスティニー2)シュール

destiny2の2020/9/19のシュールのラインナップ

出現場所:イオ

イオ「巨人の傷跡」にファストトラベル

destiny2の2020/9/19のシュールの居場所

行き方は下記記事を参考

ラインナップ

  • エキゾチックエングラム(1アカウントにつき最大2つ、2つ目はエキゾチック暗号が必要
  • リスクランナー
  • ヤング・アハンカーラの背骨(ハンター)
  • ワームゴッド・カレス(タイタン)
  • 神格化のベール(ウォーロック)
  • ソードの5
  • ナインの招待

2つ目のエキゾチックエングラム

destiny2のシュールの2つ目のエキゾチックエングラム

シーズン11から、「エキゾチック暗号」を用いることで、2つ目のエキゾチックエングラムをもらうことが出来ます。
エキゾチック暗号は入手方法が限定されているため、シュールでの使用はおすすめできません。

武器・防具紹介

リスクランナー

destiny2のエキゾチック武器のリスクランナーの画像

【アーク伝導体】
アークダメージを受けることで、この武器の攻撃力が増し、アークダメージに対する耐性が上昇します。
上記効果は、リスクランナーを装備していれば発動できるため、メインウェポンやヘビーウェポンを構えていたとしても発動します。
※効果はリスクランナーを構えている時のみ適応のため、持ち変える必要があります。
敵を倒すことで、「アーク伝導体」の状態を維持し続けることができ、撃たれた敵はアークダメージの連鎖を起こします。また、弾も高確率で戻ってきます。

アークダメージを受けることが前提のため、主にPVE向けかつ限定的な場面での武器となりますが、アーク属性相手に対し驚異的な殲滅能力を発揮します。

魂を充電して電子を歌わせよう。
システムチェックリスト:
断熱性のある武器フレーム: OK。断熱性のある発射システム: OK。伝導性のあるプロング: OK。増幅ドライバー: OK。アークコア複製マトリックス: OK。アークコア・チャージャー: OK。フィードバック低減ループ: OK。
直接使用者の痛み遮断装置: 利用不可
補助操作は全般的なシステムレビューに記載されています。
注意: 与えるダメージを増加させるには、使用者がダメージを受ける必要があります。ただし、使用者が不快感の見返りに得る予想値は、いかなる瞬間的な痛みも遥かに上回ります。もちろん、使用者がその攻撃を受けても死なないことが前提とされます。
結論: かなり痛いかもしれません。

destiny2 リスクランナー伝承

ヤング・アハンカーラの背骨

destiny2のハンターエキゾチック防具のヤング・アハンカーラの背骨

【希竜の牙】
トリップマイングレネードの有効設置時間が長くなり、爆発範囲も拡大します。
また、ハンターのスキル(グレネード、近接スキル、スーパーチャージ)ダメージにより、グレネードのエネルギーがチャージされます。
それぞれ、1ヒット1/3ほどエネルギーが返ってくるため、トリップマイングレネードを頻繁に仕掛けることが可能です。

骨だ!骨を身に付けよう!
あぁ、大半のガーディアンがそうなるんだ。自分のことを少し霊的なものみたいに感じるからだろうな。これだけトランスマットしてるから、「私はまだここにいるのか?私は血と肉でできているか?それとも霧になってしまったのか?」と問いたくなるんだ。だから、古い骨を腕にくくりつける。長い間、砕けることのなかった骨をだ。そうすることで、自分は固体だと感じることができる。自分を自分だと感じることができる。
特定の種族の骨を持つ者達はこう言う。「この化石が特別な力を授けてくれる」と。夢見がちじゃないだろう?あり得そうな話だ。だから、私がこの骨は勧めないと言うと機嫌を損ねる。
私の研究によれば、この特別な骨はトラベラーの到来以降に現れたドラゴン系の新生物「アハンカーラ」のものらしい。彼らは言葉を話すことができ、「ああ、我が探し手よ」という言葉が好きだった。そして、人類に危険とみなされ、絶滅させられた。友人にもこの骨を渡したいというなら、手に入りそうな場所を知っているぞ・・・

destiny2 ヤング・アハンカーラの背骨 伝承

ワームゴッド・カレス

destiny2のタイタンエキゾチック防具のワームゴッド・カレスの画像

【燃える拳】
近接キルをすることで、一定時間(約5秒)近接ダメージが増加します。
効率は、1キルで1.8倍、2キルで2.7倍、3キルで4.9倍、4キルで6.2倍、5キルで7.5倍と解析が出ています。
タイタンのソーラーサブクラスにある「ハンマー投げ」は、一度投げたハンマーを拾うことで何度でも再利用できるため、このエキゾチック防具と非常に相性が良く、ショットガンを遠距離から撃つ感覚で敵を殲滅できます。

「燃え盛る緑色の魂の炎を見つめたことがあるか? それは恐ろしくもどこか温もりがある」 ——エリス・モーン
II: 通う心
彼は恐縮しながら神々の前に立った。
最も深い知識を求め、知り得ぬものを知りたいと求める余りの… 全てのものの原点を知るための、なんとも大胆な行動。
虫達は背を向け、見捨てられし息子を拒ばんだが、1匹だけは背を向けなかった。
「お前の中に私が見える」
「無数の意志」と異名を取るソル。仲間の神々の中で、力では劣るものの闇の知恵を多数知っている。
「お前は力を求めるのか? ワシが測り知れない力をくれてやる。蘇る生命の力を」
彼の目に魂の炎の輝きが映った。ノクリスは虫に頭を下げた。その炎の中に抱擁を感じた。自分の場所を見つけられたと思った。
「ワシに忠誠を誓うか? ワシの邪悪な力を受け入れるか?」
ノクリスは頷き、笑った。
そして、こう答えた。「はい、我が主よ。共に星々を征服しましょう」
ソルは喜んだ。

destiny2 ワームゴッド・カレス 伝承

神格化のベール

destiny2のウォーロックエキゾチック防具の神格化のベール

【貪欲】
SCを使うことで、即座に体力、その他スキルのチャージが回復します。
また、近くにいる味方のクラススキルのチャージ速度が上昇します。
通常PVPでは、ダメージを受けている状態からスーパーチャージを発動すると、撃たれ負けしてしまうこともあるのですが、体力が即座に回復することで、そのような状況を生み出すことがなくなります。
しかし、SCを使った際のみの効果発揮のため使い所が難しく、他エキゾチック防具を優先的に利用するプレイヤーも多いです。
※パッチ2.8.0より、知性の値が16以上になり、活用頻度が増えた人も多いのではないでしょうか。

ほとんどのヘルメットは宇宙から精神を守る。だがこれは違う。
「ボイドを闇と考える者がいる。それは単純な思考の愚行だ。虚無の卓越した豊かさを認識することができないのだ。ボイドは光も闇も欠如しているのだ。ボイドの力を解放することは、平穏の状態に入ること、日常の喧騒から解放されること。
このベールを身に付け、ボイドを感じろ。それは悪の力でない。重力のように善も悪もない。ボイドは忍耐強き者が使う道具だ。それ以上でもそれ以下でもない。ボイドに敬意を表せば、いつの日かこの純粋な空間に足を踏み入れることができるだろう」
――不明のボイドウォーカー

destiny2 神格化のベール 伝承